歴史・沿革

2011~2017

平成23(2011)年2月Kinokuniya Point会員、200万人を突破。
平成23(2011)年1月「紀伊國屋じんぶん大賞」発表開始。第1回大賞は『切りとれ、あの祈る手を』(佐々木中)。
5月電子書籍配信サービス「Kinoppy」(キノッピー)を開始。
電子書籍配信サービス「Kinoppy」(キノッピー)を開始
平成25(2013)年3月ECサイトを統合し「紀伊國屋書店ウェブストア」としてリニューアル。
ECサイトを「紀伊國屋書店ウェブストア」としてリニューアル
4月グランフロント大阪店開店。

写真:グランフロント大阪店
グランフロント大阪店 グランフロント大阪店

株式会社エヌ・ビー・シーを子会社化。文房具、雑貨、カレンダーの商品開発および販売力を強化し、海外展開も拡大。
アジアンベイシス株式会社を設立。アジア地域においてネット通販事業を「Kinokuniya」ブランドで展開。
10月株式会社KADOKAWA、株式会社講談社とともに、学校・公立図書館向けの電子書籍貸出サービス提供を目的とした合弁会社・株式会社日本電子図書館サービスを設立。
平成26(2014)年1月「紀伊國屋書店ベストセラー大賞」を創設。第1回大賞の著者部門は百田尚樹氏、出版社部門は講談社。
11月武蔵小杉店開店。
12月西武渋谷店開店。

写真:西武渋谷店
西武渋谷店 西武渋谷店

紀伊國屋寄席が第600回を迎える。
平成27(2015)年4月アミュプラザおおいた店開店。
大日本印刷株式会社との合弁会社・株式会社出版流通イノベーションジャパンを設立。出版流通市場の活性化および新しいビジネスモデルの創出に取り組む。
6月ゆめタウン廿日市店 開店。
9月村上春樹『職業としての小説家』(スイッチ・パブリッシング刊)9万冊を買い切り、自社店舗および取次店を介して全国の各書店において販売。
12月新宿本店に日本茶カフェ「紀伊茶屋(きのちゃや)」を開店。
紀伊國屋演劇賞が第50回を迎える。
平成28(2016)年3月そごう川口店開店。
4月セブンパークアリオ柏店開店。
5月ベトナム最大の国営書店 FAHASA と提携し、ホーチミンで地元顧客向けに日本語書籍の販売を開始。
10月ミャンマー国内初のヤンゴン国際空港店開店。
平成29(2017)年1月人気コミック『キャプテン翼』のアラビア語版の刊行・販売を開始。
2月テキサス・キャロルトン店開店。
3月エブリイ津高店開店。
紀伊國屋ビルディングが東京都歴史的建造物に選ばれる。
4月天神イムズ店、イトーヨーカドー木場店開店。

写真:天神イムズ店
天神イムズ店 天神イムズ店

テキサス・プレイノ店開店。

固定ページ: 1 2 3 4 5

ページ上部へ戻る