Lentrance、凸版印刷及び紀伊國屋書店、大学向けデジタル教科書・教材の供給体制構築に向けて協業を開始


Lentrance、凸版印刷及び紀伊國屋書店、

大学向けデジタル教科書・教材の供給体制構築に向けて協業を開始


株式会社Lentrance(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 石橋 穂隆)、凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 麿 秀晴)及び株式会社紀伊國屋書店(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 高井 昌史)は、高等教育におけるデジタル化推進を受けて、大学向けデジタル教科書システムの導入及びコンテンツ開発・販売促進を目的とした協業を開始したことを発表いたします。

3社協業の背景及び目的
 大学を始めとする高等教育における電子書籍・デジタル教科書の導入について、日本は諸外国に比してこれまで必ずしも早いとはいえない状況にあります。コミックやライトノベルをはじめとした一般市場向け書籍と異なり、高等教育・学術市場で主に利用される専門書籍は電子化が進まず、高等教育現場での電子書籍利用に関する手法がなかなか定まらないといった状況もあり、教育現場での要求度合いもそこまで高いものではないという実態がありました。
 一方、昨今のコロナ禍によるオンライン環境での講義の増加や、「GIGAスクール構想」を始めとする初等・中等教育のデジタル化推進を受けて、高等教育を取り巻く環境もかつてと一変し、電子書籍・デジタル教科書への要望も一気に高まっています。まさに高等教育の変革が日本全国において問われている状況と言えます。
 このような背景の中、デジタル教科書用プラットフォームとして初等・中等教育で豊富な導入実績を持つ「Lentrance®(レントランス)」と、凸版印刷株式会社が持つ電子書籍コンテンツ開発能力、そして株式会社紀伊國屋書店が持つ高等教育教科書市場における市場シェア及び販売力を合わせる事によって、日本の高等教育におけるデジタル教科書の導入を各方面から強力に推進し、発展させることを企図し、3社協業を開始します。

3社の役割
株式会社Lentrance

 デジタル教科書の供給においては、高等教育機関にコンテンツを届けるだけでなく、整備状況の違いにより様々なICT環境が混在している各機関で利用可能な状態を整える必要があります。さらには高大接続等への注目も高まる昨今、GIGAスクール構想のもと整備された環境下で学んできた学生に対してスムーズな利用導入ができる環境を準備することも重要です。「Lentrance」プラットフォームは「アプリ方式」、「校内・自治体配信方式」、「クラウド配信方式」の3つの方式を提供しており、各機関のICT環境に合わせて選択することができます。高等教育機関における「Lentrance」プラットフォームの利用推進に向け、凸版印刷株式会社及び株式会社紀伊國屋書店に対して情報提供並びに各種支援を行います。

凸版印刷株式会社
 高等教育におけるデジタル教科書の要件では、コンテンツ数そのものの増強はもちろん、今後はマイクロコンテンツへの対応や音声・動画対応などデジタル技術を活用したコンテンツ拡張が重要になります。凸版印刷株式会社はその高いコンテンツ開発力と、印刷事業によって培った多数の出版社との強力なコネクションを活かし、デジタル教科書の供給について推進して参ります。

株式会社紀伊國屋書店
 高等教育機関における教科書販売については、教科書の選定に関する学内での各種事務作業から学生への販売・フォローにいたるまで、紙の教科書であれデジタル教科書であれ、非常に多くの業務が発生します。現在の高等教育教科書市場において大きな市場シェアを持つ株式会社紀伊國屋書店は、自社でも図書館向け・個人向けに電子書籍サービスを提供しており、電子書籍に関する販売のノウハウも豊富です。書店という側面からの出版社との強固な関係を持っているため、デジタル教科書の販売面及びコンテンツ収集の両面において強力に本協業を推進して参ります。

今後の目標
 現在、日本全体では大学・短期大学併せて1,100を超える高等教育機関が存在し、学生数は300万人に及びます。 そこで採用される大学教科書は紙媒体が中心ですが、今後はデジタル教科書の利用が急速に拡大する事が予測されます。
 3社協業を推進する事で、株式会社紀伊國屋書店の顧客基盤をベースに随時デジタル教科書の導入を進め、高等教育におけるデジタルシフトを支援して参ります。それにともない、3社協業の販売面を担う株式会社紀伊國屋書店では2025年度までに関連受注も含め本事業で約200億円の売り上げを目指します。



<株式会社Lentrance>

株式会社Lentranceに関する詳細は、https://www.lentrance.com/をご覧下さい。




<凸版印刷株式会社>

凸版印刷株式会社に関する詳細は、https://www.toppan.co.jp/をご覧下さい。




<株式会社紀伊國屋書店>

株式会社紀伊國屋書店に関する詳細は、https://corp.kinokuniya.co.jp/をご覧下さい。




関連記事

ページ上部へ戻る